読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の不調はなぜ?

五月だというのに、温暖の差が気圧の差が激しく慣れない身体が不調を訴えています。
 
医師に尋ねると、春は自律神経が乱れやすく寒さから暖かさに慣れないうちに又気候が変わる四季に体調を合わせることが加齢と共に自身の力だけでは何ともならないそうだ。
 
そこで、大切なことは適応する力を養うこととのこと。
 
まずは、少し散歩し少しゆっくり時間を過ごし、無理や過多なことは避け自分のペースで新しい季節を自ら受け入れることが大切だそうだ。
 
春はまだ遠くなく、冬は済み、ただ、気候の変化についていけないことでおこる様々な不調を自ら正すために簡単なことから始めるようにアドバイスを受けた。
 
ラジオ体操。これは、全身運動のお手本らしく、毎日やることで様々な変化があるらしい。
 
期待しながら、夜更けのラジオ体操をすること。
 
1日1日一新一心一進を自ら行うことの成果を期待しながら。