読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある作家のコラムによると、数字の「3・5・8」には、不思議なパワーが宿っているそうです。 では、なぜ「3・5・8」なのか? これは、お釈迦様と関係があるとのことです。 お釈迦様が悟りを開いたのは、 「35歳の12月8日の朝」でした。 お釈迦様は4月8日生まれなので、悟りを開いたのは、 「35歳と8ヶ月」 になったときです。 「35歳と8ヶ月」 というには、数字を並べると、「358」ですが、聖書の中に 「666は悪魔の数字で、『358』は聖なる数字」 という記述まであるそうです。 その作家の友人の多くが、試しに銀行口座の暗唱番号に「3・5・8」を組み合わせた数字を使用しはじめたところ、 「その預金口座のお金は、増え続けて、減っていかない。」 という声が多く寄せられたそうです。 たかが、数字で?という気もしますが、姓名判断においても字画を重要視するので、数字には恐るべきパワーがあるのかもしれません・・・。

結婚の学校 体験スクール